薄板から厚板まで長年の実績を基盤として、幅広い製品を手掛けております。小ロットから多ロットまで受注承ります。

共立プレス工業株式会社

011-663-5182
受付時間:9:00-17:00(土日祝休み)

製品加工実例03

製品加工実例03

2018-01-26

事例名

【鉄・農機具・半自動】溶接ビード写真

製品説明

一般的にパイプ製造時にはロール成形後に高周波溶接によりつなぎ合わせを行います。
その際に発生する溶接痕の盛り上がりのことを溶接ビードと呼びます。

溶接痕をそのままにしておくことと、パイプ完成時にパイプ内部に曲面ではなく一部金属の盛り上がった状態になります。パイプの利用用途によっては特に問題ないケースもありますが、パイプ内面もきれいな曲面にしなければならないような用途では、溶接ビードを除去する作業が必要になります。

特長

一般的にパイプ製造時にはロール成形後に高周波溶接によりつなぎ合わせを行います。
その際に発生する溶接痕の盛り上がりのことを溶接ビードと呼びます。

溶接痕をそのままにしておくことと、パイプ完成時にパイプ内部に曲面ではなく一部金属の盛り上がった状態になります。パイプの利用用途によっては特に問題ないケースもありますが、パイプ内面もきれいな曲面にしなければならないような用途では、溶接ビードを除去する作業が必要になります。